YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > コンソールの設定(表示文字数・行数)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆コンソールの設定(表示文字数・行数)
◇スポンサードリンク

◆コンソールの設定(表示文字数・行数)

ここでは、コンソールの表示文字数や行数を設定するコマンドを紹介してゆきます。


◆コンソールの表示文字数の設定

 コンソールの1行あたりの表示文字数、「console columns」コマンドで指定します。このコマンドは、一般ユーザでも実行できます。

# console columns <col>

[設定値及び初期値]

●col
[設定値] : コンソールの表示文字数 (80..200)
[初期値] : 80

※コマンドの設定は、「save」コマンドで保存するまで、「show config」コマンドによる設定の表示に反映されません。Rev.9系以降では、「save」コマンドで保存しなくても「show config」コマンドで設定が表示されます。

例えば、コンソールの1行あたりの表示文字数を100文字に設定するには、以下のように指定します。

# console columns 100

# console columns 100


◆コンソールの表示行数の設定

コンソールの表示行数は、「console lines」コマンドで指定します。このコマンドは、一般ユーザでも実行できます。

# console lines <lines>

[設定値及び初期値]
●lines
[設定値] :
設定値 説明
10..100 表示行数
infinity スクロールを止めない
[初期値] : 24

※コマンドの設定は、「save」コマンドで保存するまで、「show config」コマンドによる設定の表示に反映されません。Rev.9系以降では、「save」コマンドで保存しなくても「show config」コマンドで設定が表示されます。

例えば、コンソールの1行あたりの表示文字数を100文字に設定するには、以下のように指定します。

# console lines 30

# console lines 30

コンソールの設定(プロンプト)」 ← 前項 | 次項 → 「コンソールの設定(言語とコード)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.