YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > IPアドレスを振る
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆IPアドレスを振る
◇スポンサードリンク

◆IPアドレスを振る

ルータには、インターフェースがいくつか付いています。

例えば、RTX1000ルータでは、LAN1、LAN2、LAN3、ISDN S/Tインタフェースがあります。


 LAN1だけが、4つのポートがあります。イメージ的には、ルータのインターフェースにスイッチがぶら下がっているイメージです。


各インターフェースにIPアドレスを振るには、以下のコマンドを使用します。

#ip <interface> address <ip_address/mask> [broadcast broadcast_ip]

 インタフェースを指定して、IPアドレスとネットマスクを設定します。サブネットマスクはプレフィックス長で指定します。。

 「broadcast broadcast_ip」を指定すると、ブロードキャストアドレスを指定することができます。省略した場合には、ディレクティッドブロードキャストアドレスが使われます。

例えば、LAN1にIPアドレス「192.168.1.10/24」を割り当てるには、以下のように入力します。

# ip lan1 address 192.168.1.10/24

# ip lan1 address 192.168.1.10/24


◆IPアドレスを自動的に取得する

インターフェースのIPアドレスは、DHCPサーバから自動的に取得させてい場合には、以下のコマンドを使用します。

#ip interface address dhcp

例えば、LAN1をDHCPからIPアドレスを自動的に取得するようにするには、以下のように入力します。

# ip lan1 address dhcp

# ip lan1 address 192.168.1.10/24

「dhcp」を指定することで、設定直後にDHCP クライアントとして、IPアドレスを取得します。

また、「no ip interface address」を入力すると、取得していたIPアドレスを開放します。

パスワードリカバリー」 ← 前項 | 次項 → 「DNSの設定



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.