YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > ルーティングテーブルの表示
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆ルーティングテーブルの表示
◇スポンサードリンク

◆ルーティングテーブルの表示

IPのルーティングテーブル(経路情報テーブル)を表示するには、「show ip route」コマンドを使用します。


◆show ip route <destination>

 「destination」で指定した 相手先 IP アドレスのルーティングテーブルの内容を表示します。省略した場合は、経路情報テーブル全体を表示します。

# show ip route <destination>

●「show ip route」コマンドの出力例
RC# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=1 metric=1
20.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=1 metric=1
30.0.0.0/8          192.168.2.1            LAN2      OSPF  E2 cost=1 metric=1
192.168.2.0/24      192.168.2.2            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.3.1            LAN1  implicit


◆show ip route detail

 現在有効なIPv4 経路に加えて、ダイナミックルーティングプロトコルによって得られた経路により隠されているスタティックルートも表示します。

# show ip route detail

●「show ip route detail」コマンドの出力例
RA# show ip route detail
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
192.168.1.0/24      192.168.1.1            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.2.1            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.2.2            LAN2    static
192.168.3.0/24      192.168.2.2            LAN2      OSPF  (hidden)    cost=2
192.168.3.0/24      192.168.2.2            LAN2       RIP  (hidden) metric=1


◆show ip route summary

IPv4 の経路数をプロトコル毎に合計して表示します。

# show ip route summary

●「show ip route summary」コマンドの出力例
RA# show ip route summary
プロトコル   有効      無効
-----------------------------
Static          1         0
Implicit        2         0
Temporary       0         0
Redirect        0         0
OSPF            0         1
RIP             0         1
BGP             0         0
-----------------------------
Total           3         2

コンソールの設定(システムメッセージの表示)」 ← 前項 | 次項 → 「セキュリティクラスの設定



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.