YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > Telnet接続(その1)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆Telnet接続(その1)
◇スポンサードリンク

◆Telnet接続(その1)

ここでは、YAMAHAルータへのTelnet接続について、説明してゆきます。

まずは、ネットワークを構築してゆきます。

ネットワーク構成は、下図の通りです。


●RAの設定

RAルータにIPアドレスの振り当てなどの基本設定を行います。

# console prompt RA
RA# ip lan1 address 192.168.1.1/24
RA# ip lan2 address 192.168.2.1/24
RA# rip use on

●RBの設定

RBルータにIPアドレスの振り当てなどの基本設定を行います。

# console prompt RB
RB# ip lan1 address 192.168.3.1/24
RB# ip lan2 address 192.168.2.2/24
RB# rip use on

PC1から、RAルータにTelnetします。

PC1のコマンドプロンプトを起動して、以下のコマンドを実行します。

C:¥telnet 192.168.1.1


ログインすることができました。

PC2からTelnetを行っても同様にログインすることができます。

次に、RAルータからRBルータにTelnetを行ってみます。

RB# telnet 192.168.2.2
エラー: コマンドが許可されていません
RB#

「コマンドが許可されていません」と表示され、Telnetコマンドを受け付けてくれません。

これは、デフォルトでYAHAMAルータは、Telnetクライアントとして、許可されていないからです。

この続きは、次の「Telnet接続(その2)」で説明してゆきます。

セキュリティクラスの設定」 ← 前項 | 次項 → 「Telnet接続(その2)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.