YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > BGPとOSPFの組み合わせ(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆BGPとOSPFの組み合わせ(その2)
◇スポンサードリンク

◆BGPとOSPFの組み合わせ(その2)

 「BGPとOSPFの組み合わせ(その1)」の続きです。ここでは、BGPとOSPFを組み合わせて構築したネットワークを検証してゆきます。

ネットワーク構成図は、下図の通りです。


R1ルータのルーティングテーブルを確認します。

●R1のルーティングテーブル
R1# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/24         192.168.1.1            LAN1      OSPF  E2 cost=2 metric=1
172.16.1.0/24       192.168.1.1            LAN1      OSPF     cost=2
192.168.1.0/24      192.168.1.2            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.2.1            LAN2  implicit

R2ルータのルーティングテーブルを確認します。

●R2のルーティングテーブル
R2# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/24         172.16.1.2             LAN2       BGP  path=8000
172.16.1.0/24       172.16.1.1             LAN2  implicit
192.168.1.0/24      192.168.1.1            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.1.2            LAN1      OSPF     cost=2

R2ルータがBGPで広告している経路情報を確認します。

R2ルータの「show status bgp neighbor 172.16.1.2 advertised-routes」の出力
R2# show status bgp neighbor 172.16.1.2 advertised-routes
Total routes: 1
*: valid route
  Network            Next Hop        Metric LocPrf Path
* 192.168.0.0/16                          0        IGP

R3ルータのルーティングテーブルを確認します。

●R3ルータのルーティングテーブル(Cisco)
R3#show ip route

Gateway of last resort is not set

     172.16.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       172.16.1.0 is directly connected, FastEthernet0
     10.0.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
C       10.0.0.0 is directly connected, Ethernet0
B    192.168.0.0/16 [20/0] via 172.16.1.1, 00:01:23

「192.168.1.0/16」の集約経路がR2ルータから広告され、R3ルータに存在することが確認できます。

BGPとOSPFの組み合わせ(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「DHCPとは



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.