YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > OSPF確認コマンド(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆OSPF確認コマンド(その2)
◇スポンサードリンク

◆OSPF確認コマンド(その2)

 「OSPF確認コマンド(その1)」の続きです。引き続き、「show status ospf」コマンドを紹介してゆきます。

ネットワーク構成は、下図の通りです。


●show status ospf neighbor

RAで以下のコマンドを実行します。

RA# show status ospf neighbor

●RAの「show status ospf neighbor」の出力
RA# show status ospf neighbor
Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
192.168.3.1       1   FULL/DR         00:00:36    192.168.2.2     LAN2

 隣接OSPFルータは、「192.168.3.1」で、ステータスがフルでOSPFのDR、BDRの選出が完了していることが確認できます。また、「192.168.3.1」ルータがDRであることも確認できます。

RBで以下のコマンドを実行します。

RB# show status ospf neighbor

●RBの「show status ospf neighbor」の出力
RB# show status ospf neighbor
Neighbor ID     Pri   State           Dead Time   Address         Interface
192.168.1.1       1   FULL/BDR        00:00:36    192.168.2.1     LAN2

 隣接OSPFルータは、「192.168.1.1」で、ステータスがフルでOSPFのDR、BDRの選出が完了していることが確認できます。また、「192.168.1.1」ルータがBDRであることも確認できます。

●show status ospf interface

RAで以下のコマンドを実行します。

RA# show status ospf interface

●RAの「show status ospf interface」の出力
RA# show status ospf interface
LAN1: Area backbone
  Router ID: 192.168.1.1,  Interface address: 192.168.1.1/24
  Interface type: BROADCAST  cost=1
  Interface state: DR  priority=1
  Designated router ID: 192.168.1.1,  IP address: 192.168.1.1
LAN2: Area backbone
  Router ID: 192.168.1.1,  Interface address: 192.168.2.1/24
  Interface type: BROADCAST  cost=1
  Interface state: BDR  priority=1
  Designated router ID: 192.168.3.1,  IP address: 192.168.2.2
  Backup designated router ID: 192.168.1.1,  IP address: 192.168.2.1

インタフェースごとのOSPFの状況が確認できます。

 LAN1、LAN2のインタフェースタイプが「BROADCAST」であること、DR、BDRルータがどのルータなのかを確認できます。

RBで以下のコマンドを実行します。

RB# show status ospf interface

●RBの「show status ospf interface」の出力
RB# show status ospf interface
LAN1: Area backbone
  Router ID: 192.168.3.1,  Interface address: 192.168.3.1/24
  Interface type: BROADCAST  cost=1
  Interface state: DR  priority=1
  Designated router ID: 192.168.3.1,  IP address: 192.168.3.1
LAN2: Area backbone
  Router ID: 192.168.3.1,  Interface address: 192.168.2.2/24
  Interface type: BROADCAST  cost=1
  Interface state: DR  priority=1
  Designated router ID: 192.168.3.1,  IP address: 192.168.2.2
  Backup designated router ID: 192.168.1.1,  IP address: 192.168.2.1

インタフェースごとのOSPFの状況が確認できます。

 LAN1、LAN2のインタフェースタイプが「BROADCAST」であること、DR、BDRルータがどのルータなのかを確認できます。

OSPF確認コマンド(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「経路と優先度(その1)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.