YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > 外部経路による経路導入RIP→OSPF(その1)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆外部経路による経路導入RIP→OSPF(その1)
◇スポンサードリンク

◆外部経路による経路導入RIP→OSPF(その1)

ここでは、外部経路による経路導入を紹介してゆきます。

ネットワーク構成は、下図の通りです。


OSPFにRIPで学習した経路を導入します。

検証に使用するルータは、以下の通りです。

RAルータ・・・Cisco1710
RBルータ・・・YAMAHA RTX1000
RCルータ・・・YAMAHA RTX1000

まずは、経路導入の設定以外を行います。

各ルータのルーティングプロトコルは、以下の通りです。

RAルータ・・・RIP
RBルータ・・・RIP、OSPF
RCルータ・・・OSPF

●RAの設定
!
interface Loopback0
 ip address 10.0.0.1 255.0.0.0
!
interface Loopback1
 ip address 20.0.0.1 255.0.0.0
!
interface Loopback2
 ip address 30.0.0.1 255.0.0.0
!
interface FastEthernet0
 ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
 speed auto
!
router rip
 network 10.0.0.0
 network 20.0.0.0
 network 30.0.0.0
 network 192.168.1.0
!

●RBの設定
console prompt RB
ip lan1 address 192.168.1.2/24
ip lan2 address 192.168.2.1/24
ip lan2 ospf area backbone
rip use on
ospf use on
ospf area backbone
ospf configure refresh

●RCの設定
console prompt RC
ip lan1 address 192.168.3.1/24
ip lan2 address 192.168.2.2/24
ospf use on
ospf area backbone
ip lan1 ospf area backbone
ip lan2 ospf area backbone
ospf configure refresh

この続きは、次の「外部経路による経路導入RIP→OSPF(その2)」で、確認してゆきます。

経路と優先度(その3)」 ← 前項 | 次項 → 「外部経路による経路導入RIP→OSPF(その2)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.