YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > 外部経路による経路導入RIP→OSPF(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆外部経路による経路導入RIP→OSPF(その2)
◇スポンサードリンク

◆外部経路による経路導入RIP→OSPF(その2)

外部経路による経路導入RIP→OSPF(その1)」の続きです。

ネットワーク構成は、下図の通りです。


各ルータのルーティングテーブルを確認します。

●RAのルーティングテーブル(Cisco)
C    20.0.0.0/8 is directly connected, Loopback1
C    10.0.0.0/8 is directly connected, Loopback0
C    192.168.1.0/24 is directly connected, FastEthernet0
R    192.168.2.0/24 [120/1] via 192.168.1.2, 00:00:08, FastEthernet0
R    192.168.3.0/24 [120/1] via 192.168.1.2, 00:00:08, FastEthernet0
C    30.0.0.0/8 is directly connected, Loopback2

RBでRIPの外部経路導入の設定を行っていないのに「192.168.3.0/24」の経路情報をRIPで学習しています。

 どうやら、RIPでは外部経路導入の設定は行わなくても、自動的に外部経路をRIPに注入するようです。コマンドリファレンスを見ても、RIPの外部経路導入のコマンドは見当たりません。

●RBのルーティングテーブル(YAMAHA)
RB# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
10.0.0.0/8          192.168.1.1            LAN1       RIP  metric=1
20.0.0.0/8          192.168.1.1            LAN1       RIP  metric=1
30.0.0.0/8          192.168.1.1            LAN1       RIP  metric=1
192.168.1.0/24      192.168.1.2            LAN1  implicit
192.168.2.0/24      192.168.2.1            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.2.2            LAN2      OSPF     cost=2

●RCのルーティングテーブル(YAMAHA)
RC# show ip route
宛先ネットワーク    ゲートウェイ     インタフェース  種別  付加情報
192.168.2.0/24      192.168.2.2            LAN2  implicit
192.168.3.0/24      192.168.3.1            LAN1  implicit

 RBでOSPFの外部経路導入の設定を行っていないので、「10.0.0.0/8」、「20.0.0.0/8」、「20.0.0.0/8」の経路情報がありません。

 次の「外部経路による経路導入RIP→OSPF(その3)」では、OSPFの外部経路導入の設定を行ってゆきます。

外部経路による経路導入RIP→OSPF(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「外部経路による経路導入RIP→OSPF(その3)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.