YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > DHCPリレーの設定(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆DHCPリレーの設定(その2)
◇スポンサードリンク

◆DHCPリレーの設定(その2)

DHCPリレーの設定(その1)」の続きです。

ここでは、RBルータに、DHCPリレーエージェント機能を設定してゆきます。


 DHCPリレーエージェント機能は、ローカルセグメントのDHCPクライアントからの要求を、予め設定しておいたリモートのネットワークセグメントにあるDHCPサーバへ転送する機能のことです。

 上の構成図では、「192.168.3.0/24」ネットワークセグメント上のDHCPクライアントからの要求をRBルータが受け取って、リモートのネットワークセグメントにあるDHCPサーバであるRAルータに転送します。


◆RBルータの設定

RBルータの設定を行ってゆきます。

RBルータには、DHCPリレーエージェント機能を設定します。


◆基本設定

コンソールプロンプトとLAN1にIPアドレスを割り当てます。

# console prompt RB
RB# ip lan1 address 192.168.3.1/24
RB# ip lan2 address 192.168.2.2/24
RB# ip route 192.168.1.0/24 gateway 192.168.2.1


◆DHCPの動作の設定

DHCPサーバのIPアドレスを指定します。

RB# dhcp relay server 192.168.2.1

ルータがDHCPサーバとして機能するように設定します。

RB# dhcp service server

●RBルータのコンフィグ
console prompt RB
ip route 192.168.1.0/24 gateway 192.168.2.1
ip lan1 address 192.168.3.1/24
ip lan2 address 192.168.2.2/24
dhcp service relay
dhcp relay server 192.168.2.1

RBルータの設定は、次の「DHCPリレーの設定(その3)」で行ってゆきます。

DHCPリレーの設定(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「DHCPリレーの設定(その3)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.