YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > DHCPリレーの設定(その3)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆DHCPリレーの設定(その3)
◇スポンサードリンク

◆DHCPリレーの設定(その3)

 ここでは、「DHCPリレーの設定(その2)」で設定したDHCPリレーエージェント機能を検証してゆきます。

ネットワーク構成図は、下図の通りです。



◆DHCP予約アドレスの確認

DHCPクライアントのTCP/IPプロパティで、IPアドレスを自動取得するように設定します。


MACアドレスが、「00:1E:8C:C8:02:35」のPC3のIPアドレスの設定を確認します。

コマンドプロンプトを起動して、「ipconfig /all」コマンドを実行します。


DHCP予約アドレスである「192.168.3.3/24」が割り当てられていることが確認できます。

リース状況をRAルータで「dhcp status dhcp」コマンドを実行して確認します。

RA# dhcp status dhcp

●「dhcp status dhcp」の出力
RA# show status dhcp
DHCPスコープ番号: 1
   ネットワークアドレス: 192.168.1.0
 予約済(未使用)アドレス: 192.168.1.3 = 01 00 1e 8c c8 02 40
 スコープの全アドレス数: 253
         除外アドレス数: 1
   割り当て中アドレス数: 0
     利用可能アドレス数: 252
     ( 予約済アドレス数: 1 )
DHCPスコープ番号: 2
   ネットワークアドレス: 192.168.3.0
               割り当て中アドレス: 192.168.3.3
          (タイプ) クライアントID: (01) 00 1e 8c c8 02 35
                     リース残時間: 2日 23時間 41分 58秒
 スコープの全アドレス数: 253
         除外アドレス数: 1
   割り当て中アドレス数: 1
     利用可能アドレス数: 251


◆DHCPスコープの割り当て確認

PC4のIPアドレスの設定を確認します。

コマンドプロンプトを起動して、「ipconfig /all」コマンドを実行します。


DHCPスコープ範囲である「192.168.3.4/24」が割り当てられていることが確認できます。

DHCPリレーの設定(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「NATとは



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.