YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > DHCPの設定(その1)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆DHCPの設定(その1)
◇スポンサードリンク

◆DHCPの設定(その1)

 YAMAHAルータには、DHCPサーバ機能、DHCPリレーエージェント機能、DHCPクライアント機能を実装しています。これらDHCP機能を利用することで、ネットワーク環境の設定を自動化できます。

 DHCPサーバ機能、DHCPリレーエージェント機能、DHCPクライアント機能については、「」〜「」で説明しています。そちらを参考にして下さい。

 ルータが、DHCPサーバとして機能させるのか、DHCPリレーエージェントとして機能させるのか、あるいは、どちらも機能させないかは「dhcp service」コマンドで指定します。

 現在ルータに設定設定されてるDHCPサーバ機能の設定は、「show status dhcp」コマンドにより知ることができます。また、DHCP クライアント機能により、設定されている内容は、「show status dhcpc」コマンドにより知ることができます。

 DHCPサーバ機能では、DHCPクライアントからの「DHCP Discover」要求を受けて、IPアドレスの割り当てや、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイのIPアドレス、DNS サーバのIPアドレス等の情報を提供します。

それでは、DHCPサーバ機能を設定するコマンドを紹介してゆきます。


◆DHCPの動作の設定

 DHCPサーバとして機能させるのか、DHCPリレーエージェントとして機能させるのか、あるいは、どちらも機能させないかを指定するには、「dhcp service」コマンドで設定します。
※DHCPリレーエージェント機能使用時には、NAT機能を使用することはできません。

# dhcp service <type>

[設定値及び初期値]

●type
[設定値] :
設定値 説明
server DHCP サーバーとして機能させる。
relay DHCP リレーエージェントとして機能させる。


◆DHCP スコープの定義

 DHCPサーバとして割り当てるIPアドレスのスコープを設定するコマンドは以下の通りです。除外するIPアドレスは複数指定することができます。また、リース期間は、無期限を指定できるほか、DHCPクライアントから要求があった場合の許容最大リース期間を指定できます。

 IPアドレス範囲にネットワークアドレス、ブロードキャストアドレスが含まれる場合、割り当て可能アドレスから除外されます。

 また、DHCPリレーエージェントを経由しないDHCPクライアントに対して、gateway キーワードによる設定パラメータが省略されている場合にはルータ自身のIPアドレスが通知されるようになっています。

# dhcp scope <scope_num> <ip_address-ip_address>/<netmask> [except <ex_ip ...>] [gateway <gw_ip>] [expire time] [maxexpire time]

[設定値及び初期値]

●scope_num
[設定値] : スコープ番号 (1..65535)

●ip_address-ip_address
[設定値] : 対象となるサブネットで割り当てるIPアドレスの範囲

●netmask
[設定値] :
 ・xxx.xxx.xxx.xxx(xxx は十進数 )
 ・0x に続く十六進数
 ・マスクビット数

●ex_ip
[設定値] : IPアドレス指定範囲の中で除外するIPアドレス(空白で区切って複数指定可能、'-' を使用して範囲指定も可能)

●gw_ip
[設定値] : IP アドレス対象ネットワークのゲートウェイの IP アドレス

●time : 時間
[設定値] :
設定値 説明
1..2147483647
xx:xx 時間 : 分
infinity 無期限リース
[初期値] :
 ・expire time=72:00
 ・maxexpire time=72:00


◆DHCP予約アドレスの設定

IPアドレスを割り当てるDHCPクライアントを固定的に設定するには、以下のコマンドで指定します。

# dhcp scope bind <scope_num> <ip_address> [type] id
# dhcp scope bind <scope_num> <ip_address> mac_address
# dhcp scope bind <scope_num> <ip_address> ipcp

[設定値及び初期値]

●scope_num
[設定値] : スコープ番号 (1..65535)

●ip_address
[設定値] :
設定値 説明
xxx.xxx.xxx.xxx (xxx は十進数)予約するIPアドレス。
* 割り当てるIPアドレスを指定しない。

●type : Client-Identifier オプションの type フィールドを決定する
.[設定値] :
設定値 説明
text 0x00
ethernet 0x01

●id
[設定値] :
設定値 説明
typeがethernetの場合 MACアドレス
typeがtextの場合 文字列
typeが省略された場合 2桁16進数の列で先頭はtypeフィールド

●mac_address
[設定値] : xx:xx:xx:xx:xx:xx(xx は十六進数 ) 予約DHCPクライアントのMACアドレス

●ipcp : IPCPでリモート側に与えることを示すキーワード


◆DHCP オプションの設定

# dhcp scope option <scope_num> <option>=<value>

[設定値及び初期値]
●scope_num
[設定値] : スコープ番号 (1..65535)

●option
[設定値] :
 ・オプション番号(1..49,64..76,85..87,128..254)または、ニーモニック
 ・主なニーモニック
router 3
dns 6
hostname 12
domain 15
wins_server 44

●value : オプション値
[設定値] :
 何を指定するかはオプション番号で決まります。例えば、”router”、”dns”、”winsserver”は、IPアドレスで指定し、”hostname”、”domain”は文字列で指定します。

1 オクテット整数 0..255
2 オクテット整数 0..65535
2 オクテット整数の配列 2 オクテット整数をコンマ (,) で並べたもの
4 オクテット整数 0..4294967295
IP アドレス IP アドレス
IP アドレスの配列 IP アドレスをコンマ (,) で並べたもの
文字列 文字列
スイッチ "on","off","1","0" のいずれか
バイナリ 2桁16進数をコンマ (,) で並べたもの

※「dns server」コマンドや「wins server」コマンドなどでも暗黙のうちにDHCPオプションを送信することができます。明示的に指定するには、上記コマンドでして指定します。


◆DNSサーバのIPアドレスの設定

 DNSサーバのIPアドレスを指定するには、以下のコマンドで設定します。このIPアドレスは、ルータがDHCPサーバとして機能する場合にDHCPクライアントに通知するためや、IPCPのMS拡張オプションで相手に通知するためにも使用されます。

# dns server ip_address [ip_address...]

[設定値及び初期値]

●ip_address
[設定値] : DNSサーバのIPアドレス (空白で区切って最大4ヶ所まで設定可能)


◆WINSサーバのIPアドレスの設定

 WINS(Windows Internet Name Service)サーバのIPアドレスを指定するには、以下のコマンドで指定します。

 暗黙で、IPCPのMS拡張オプションおよびDHCPでクライアントに渡すためのWINSサーバのIPアドレスを相手に通史するためにも使用されます。

ルータは、このサーバに対しWINSクライアントとしての動作は一切行いません。

# wins server server1 [server2]

[設定値及び初期値]

●server1、server2
[設定値] : IP アドレス (xxx.xxx.xxx.xxx(xxx は十進数 ))

次の「DHCPの設定(その2)」では、DHCPサーバ機能を設定してゆきます。

DHCPリレーエージェント」 ← 前項 | 次項 → 「DHCPの設定(その2)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.