YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > 動的NATとIPマスカレード併用(その1)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆動的NATとIPマスカレード併用(その1)
◇スポンサードリンク

◆動的NATとIPマスカレード併用(その1)

ここでは、動的NATとIPマスカレードを併用する設定を行ってゆきます。

ネットワークの構成は、下記の通りです。

 グローバルアドレス空間の4つのIPアドレスと、LAN1インタフェースに接続されたプライベートアドレス空間の全てを、動的NATとIPマスカレードにより、動的に変換します。

 動的NAT変換では、3個目までのIPアドレスを動的に変換し、4個目以降の変換は、IPマスカレードで対応するように設定します。


・プロンプトを「R1」にします。
# console prompt R1

・LAN1インタフェースのIPアドレスとサブネットマスクを設定します。
R1# ip lan1 address 192.168.1.1/24

・LAN2インタフェースのIPアドレスとサブネットマスクを設定します。
R1# ip lan2 address 200.200.200.1/24

・LAN2インタフェースに適用するNAT識別番号を設定します。
R1# ip lan2 nat descriptor 1

・NAT識別番号とそのタイプを設定します。動的NATとIPマスカレードを行うので「nat-masquerade」を指定します。3個目までの変換は動的NATを行い4個目以降は、IPマスカレードで変換を行います。

R1# nat descriptor type 1 nat-masquerade

・NATで使用する外側のIPアドレスを設定します。
R1# nat descriptor address outer 1 200.200.200.200-200.200.200.203

・NATで使用する内側のIPアドレスを設定します。
R1# nat descriptor address inner 1 192.168.1.1-192.168.1.254

動作の検証は、次の「動的NATとIPマスカレード併用(その2)」で行ってゆきます。

IPマスカレードの設定(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「動的NATとIPマスカレード併用(その2)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.