YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > NATとは
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆NATとは
◇スポンサードリンク

◆NATとは

 インターネットが急成長してくると、IPアドレス枯渇の問題が浮かび上がり、これに対処するためにいくつかの解決策が開発されました。その解決策の1つが、NAT(Network Address Translation)です。

 NATを使用すると構内でのみ使用できるプライベートIPアドレスを、インターネットで使用できるグローバルIPアドレスに変換できます。そうすることによって、プライベートIPアドレスが割り当てられた端末が、透過的にインターネットにアクセスできるようになります。

※NATとは、アドレス体系の異なるIP ネットワークを接続することができる機能のことです。プライベートIPアドレスを、グローバルIPアドレスに変換することだけが、NATの機能ではありません。プライベートIPアドレスをプライベートIPアドレスに変換することもできます。NAT機能を用いると、1つのグローバル IP アドレスに複数のホストを対応させたりすることもできます。

 NATがなければ、プライベートIPアドレスが割り当てられた端末は、インターネットにアクセスすることはできません。インターネット網では、プライベートIPアドレスではルーティングできないようになっているからです。

グローバルIPアドレスを構内の端末の台数だけ取得するのは、もはや困難です。

 NATを使うことにより、個々の企業や自宅において、プライベートIPアドレスを端末に割り当ておき、インターネットに接続する時にだけ、グローバルIPアドレスに変換することで、インターネットへ接続を提供することができます。

NATには、次の3つの方式があります。

●スタティックNAT
●ダイナミックNAT
●IPマスカレード(NAPT)

 プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの対応が常に1対1になる「スタティックNAT」、用意したグローバルIPアドレスのプールのなかで、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスと1対1に対応させる「ダイナミックNAT」、TCP/UDPのポートを管理することで1つのグローバルIPアドレスでローカルIPアドレスが設定された複数の端末を同時に通信できるようにする「IPマスカレード(NAPT)」があります。

このNAT機能は、安価なブロードバンドルータでもサポートしています。

 NATの設定を行う前に、下の表のNATの用語を知っておく必要があります。紛らわしくて覚えにくいと思いますが、この呼び方と違いについて理解しておきましょう!

種類 意味
内部ローカルアドレス LAN内で使用しているプライベートIPアドレス
内部グローバルアドレス アウトサイドで使用するIPアドレス。通常は、ISPから取得したグローバルIPアドレス。
外部ローカルアドレス LAN内で宛先としている外部へのIPアドレス
外部グローバルアドレス 通信相手が取得しているグローバルIPアドレス。通常は、外部グローバルアドレスと外部ローカルアドレスは、同じ。

NAT変換は、内部ローカルアドレスと外部ローカルアドレスの変換が、基本になります。


ローカル ・・・ LAN
グローバル ・・・ インターネット

内部 ・・・ 送信元
外部 ・・・ 宛先

と整理して、考えると理解しやすいかもしれません。

DHCPリレーの設定(その3)」 ← 前項 | 次項 → 「NATの種類



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.