YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > NATの種類
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆NATの種類
◇スポンサードリンク

◆NATの種類

NATには、次の3つの方式があります。

●スタティックNAT
●ダイナミックNAT
●IPマスカレード(NAPT)


スタティックNAT

 「スタティックNAT」は、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの対応が常に1対1にマッピングされる方法です。IPアドレスとグローバルIPアドレスの対応が常に固定したい場合に使用します。

 スタティックNATでは、用意しているグローバルIPの数しか、ローカル端末は、外部(インターネット)へ接続ができません。


 「スタティックNAT」では、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの対応が、1対1にマッピングされ、NATテーブルに常に存在することになるため、外部(インターネット)から内部へのアクセスが可能となります。

 「スタティックNAT」、プライベートIPアドレスを割り当てたサーバを外部(インターネット)に公開したい場合などに利用します。


ダイナミックNAT

 プライベートIPアドレスと用意したグローバルIPアドレスのプールの中から1つのグローバルIPアドレスとを1対1に対応させるのが「ダイナミックNAT」です。


 上の図の例では、プールの200.1.1.1〜200.1.1.20の範囲内で、内部グローバルアドレスに変換されます。


IPマスカレード(NAPT)

 「IPマスカレード(NAPT)」は、TCP/UDPのポートを管理することで、1つのグローバルIPアドレスでローカルIPアドレスが設定された複数の端末を同時に通信できるようにします。

「IPマスカレード(NAPT)」は、Ciscoでは、「PAT(オーバーローディング)」と呼んでいます。

※ここでは、理解し易いように送信元のポート番号と変換されるポート番号を同じにしていますが、実際には、異なる場合があります。

NATとは」 ← 前項 | 次項 → 「NATを設定するコマンド(その2)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.