YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > NATテーブルの管理(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆NATテーブルの管理(その2)
◇スポンサードリンク

◆NATテーブルの管理(その2)

ブラウザを起動します。

「Yahoo!」にアクセスし閲覧します。

Web管理画面に接続し、NATの状態を表示します。


常駐アプリケーションの数と種類にもよりますが、端末1台当たり、30〜40セッション程度です。

NATテーブルをクリアします。

# clear nat descriptor interface dynamic pp 1

NATテーブルがクリアされて、0になります。


今度は、「Googleマップ」にアクセスし、アクセスし閲覧します。

端末1台当たり、60前後のセッションが使われていることが確認できます。


NATテーブルをクリアします。

# clear nat descriptor interface dynamic pp 1

今度は、「Amazon」にアクセスし、アクセスし閲覧します。


端末1台当たり、90前後のセッションが使われていることが確認できます。

NATテーブルをクリアします。

# clear nat descriptor interface dynamic pp 1

 今度は、動画サイトにアクセスします。代表的な動画サイト「YouTube」にアクセスし、て、動画を1つ再生します。


端末1台当たり、80前後のセッションが使われていることが確認できます。

NATテーブルをクリアします。

# clear nat descriptor interface dynamic pp 1

それでは、「YouTube」の動画を5つぐらい再生してみます。


端末1台当たり、200を超えるセッションが使われています。

最近のブラウザはタブブラウザが主流です。

それでは、少し、タブをたくさん増やして一生懸命にネットサーフィンをしてみて下さい


端末1台当たり、軽く300〜500のセッションが使われることになります。

 Skypeもありますし、各種アプリケーションのアップデートプログラムも常駐しています。最近のアプリケーションは、結構、たくさんのコネクションを利用してネットワークに接続しています。

 P2Pソフトウェアや分割ダウンロードソフトウェアは、ネットサーフィンより、たくさんのコネクションを浪費します。

 このように、一生懸命にネットサーフィンを行う端末が10台程度あるだけで、4,000セッションを使い切ってしまいます。P2Pソフトウェアや分割ダウンロードソフトウェアの利用があると場合によっては、1台だけでも端末が存在するだけで、ネットワークが不安定になってしまいます。

NATテーブルの管理(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「NATテーブルの管理(その3)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.