YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > PPPoEを設定するコマンド(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆PPPoEを設定するコマンド(その2)
◇スポンサードリンク

◆PPPoEを設定するコマンド(その2)

 ここでは、「PPPoEを設定するコマンド(その1)」に続き、PPPoEを設定するコマンドを紹介してゆきます。


◆Maximum Receive Unitオプション使用の設定

 LCPのネゴシエーションで「Maximum Receive Unit」オプションを用いるか否かと、MRU の値を設定します。MRUは、1回に受信できる最大のデータのサイズのことで、PPPを使用する場合、LCPでMRUオプションを使ってパケットサイズのネゴシエーションが行われます。

# ppp lcp mru mru [length]

【設定値及び初期値】

●mru
設定値 :
設定値 説明
on 用いる。
off 用いない。
初期値 : on

●length
設定値 : MRU の値 (1280..1792)
初期値 : 1792


◆インタフェースのMTUの設定

 PPPにおけるMTUを指定します。この設定が適用されるのは、IPパケットだけで、他のプロトコルの場合には適用されず、デフォルトのままの1500のMTUとなります。

# ip pp mtu mtu

設定値 : MTU の値 (64..1500)
初期値 : 1500


◆全パケットの圧縮タイプの設定

PPPの圧縮方式を指定します。

# ppp ccp type type

【設定値及び初期値】

●type
設定値 :
設定値 説明
stac0 Stac LZSで圧縮する。
stac Stac LZSで圧縮する。
cstac Stac LZSで圧縮する。※接続相手がCiscoルータの場合
mppe-40 40bit MPPEで暗号化する
mppe-128 128bit MPPEで暗号化する。
mppe-any 40bit,128bit MPPEのいずれかで暗号化を行う。
none 圧縮しない
初期値 : stac


◆相手先の使用許可の設定

 相手先を使用できる状態にします。工場出荷設定では、全ての相手先は、disable状態となっています。使用する場合は、必ずこのコマンドでenableにする必要があります。

# pp enable peer_num

【設定値及び初期値】

●peer_num
設定値 :
設定値 説明
番号 相手先情報番号
anonymous anonymous。インタフェース
all すべての相手先情報番号


◆DNSサーバを通知してもらう相手先情報番号の設定

 DNSサーバとして利用する相手先情報番号を指定します。この機能を使用する場合には、「dns server pp」コマンドで指定された相手先情報に、「ppp ipcp msext on」コマンドの設定が必要となります。

# dns server pp peer_num

【設定値及び初期値】

●peer_num
設定値 : DNS サーバーを通知してもらう相手先情報番号


◆プライベートアドレスに対する問い合わせを処理するか否かの設定

プライベートアドレスのDNSアドレス解決要求をDNSサーバに転送するかどうかを指定します。

# dns private address spoof spoof

【設定値及び初期値】

●spoof
設定値 :
設定値 説明
on 処理する。
off 処理しない。
初期値 : off

PPPoEを設定するコマンド(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「PPPoEの基本設定(その1)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.