YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > PPPoEとNATの設定(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆PPPoEとNATの設定(その2)
◇スポンサードリンク

◆PPPoEとNATの設定(その2)

ここでは、「PPPoEとNATの設定(その1)」で設定したIPマスカレードの設定を検証してゆきます。

ネットワーク構成図は、下図の通りです。


PC1で、インターネットへの接続性をPingコマンドでテストします。

PC1のDNSサーバは、R1ルータのLAN1側のIPアドレス「192.168.1.1/24」を指定しておきます。

C:\>ping www.yahoo.co.jp


Pingは、失敗します。

LAN1側の端末から、インターネット側へ、通信ができていることが確認できます。

R1ルータは、DNS要求を転送する設定を行わなくとも、DNS要求を「pp1」で取得したDNSサーバへ転送します。

 これで、LAN1側からインターネットへの接続が可能となりましたが、ファイアウォールの設定がありません。このままでは、LAN1側は、無防備です。

ファイアウォールの設定は、この次で行ってゆきます。

PPPoEとNATの設定(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「PPPoE・NAT・静的フィルタの設定(その1)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.