YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > 静的フィルタリングの設定(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆静的フィルタリングの設定(その2)
◇スポンサードリンク

◆静的フィルタリングの設定(その2)

ここでは、特定の宛先着のパケットを遮断するフィルタを定義してゆきます。


◆特定の宛先着のパケットをフィルタリングする

まず、R1にフィルタリング以外の設定を行います。


●R1のコンフィグ
console prompt R1
ip route default gateway pp 1
ip lan1 address 192.168.1.1/24
pp select 1
 pppoe use lan2
 pp auth accept pap chap
 pp auth myname (PPPoE接続ID) (PPPoE接続パスワード)
 ppp lcp mru on 1454
 ppp ipcp ipaddress on
 ppp ipcp msext on
 ppp ccp type none
 ip pp mtu 1454
 pp enable 1
dns server pp 1
dns private address spoof on

例えば、gooのサイトへのアクセスを遮断したい場合、「nslookup」コマンドでIPアドレスを調べます。

調べたIPアドレス指定して、フィルタコマンドを定義します。

※IPアドレスは、変更されることもありますし、1つのサイトで複数のIPアドレスを使用している場合もあります。

 フィルタを適用する前に、gooのサイトへアクセスできるか確認を行います。フィルタ適用する前なので、サイトにアクセスできるはずです。


・相手先情報番号に「pp1」を選択します。
R1# pp select 1

・宛先IPアドレスに「210.165.9.195」を指定し、送信元IPアドレスは、任意なので「*」を指定します。
R1pp1# ip filter 1 reject * 210.165.9.195/32

・その他の宛先へのアクセスは、全て許可します。
R1pp1# ip filter 2 pass * *

・pp側の「out」の方向にフィルタを適用します。
R1pp1# ip pp secure filter out 1 2

・相手先情報番号「pp1」の選択を終了します。
R1pp1# pp select none

再度、サイトへアクセスを試みます。アクセスがフィルタリングされてサイトを閲覧できません。


 ただし、IPアドレスを指定して、特定のサイトをフィルタリングする方法は、柔軟性に欠けます。その理由は、IPアドレスは、変更されることもありますし、1つのサイトで複数のIPアドレスを使用している場合もあるからです。そのため、URLを指定するフィルタリング手法もあります。

静的フィルタリングの設定(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「静的フィルタリングの設定(その3)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.