YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > フィルタが動作する場所
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆フィルタが動作する場所
◇スポンサードリンク

◆フィルタが動作する場所

ここでは、少し本格的に静的フィルタリングを設定してゆきます。

ネットワークの構成は、下図の通りです。


 パケットフィルタリングを定義するときに、注意しなければならないのは、NAT、IPマスカレード、パケットフィルタリング、ルーティングなどの処理が、どこで行われるかです。

 パケットフィルタリング処理が行われる場所によって定義するポリシーが変わってくるからです。Yamaha RTXルータの場合、パケットフィルタリングが行われる場所は、下図の通りとなります。

※Revによって、違うようなので注意が必要です。

 パケットフィルタリング処理が行われる場所については、ベンダーや機種によって異なります。例えばCisco機器については、上図とは、異なる順でパケットフィルタリング処理が行われます。


◆PP側のフィルタを作成する

 インターネット側(pp側)にフィルタリングを適用するポリシーを作成する場合、下の順で処理が行われることを考慮して、ポリシーを定義しなければなりません。それは、フィルがリング処理が行われる場所によって、ポリシーの定義が変わってくるからです。

●内側(LAN側)から外側(インターネット側)への向きの場合

 (LAN側)-----> (IPフィルタ) -----> (NATディスクリプタ) -----> (インターネット側)

内側から外側の向きへは、先にIPフィルタリング処理が行われてから、NATディスクリプタ処理が実行されます。

●インターネット側(LAN側)から内側(LAN側)への向きの場合

 (インターネット側)-----> (NATディスクリプタ) -----> (IPフィルタ) -----> (LAN側)

外側から内側の向きへは、先にNATディスクリプタ処理が行われてから、IPフィルタリング処理が実行されます。

静的フィルタリングの設定(その4)」 ← 前項 | 次項 → 「フィルタリングで遮断すべきポート番号(その1)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.