YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > URLフィルタ(その4)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆URLフィルタ(その4)
◇スポンサードリンク

◆URLフィルタ(その4)

ここでは、URLフィルタの別の設定例を紹介してゆきます。

 インターネットに接続するルータは、NATやらファイアウォールやらと処理することがたくさんあります。ルータの性能には、上限があり、例えば、NATのコネクションの上限数が、4,096、ファイアウォールのコネクション上限数が、4,096などの制限があります。

 Webアクセスの利用状況によっては、性能の上限に達してしまいWebアクセスのレスポンスが急激に悪くなることもあります。

 ルータの負荷が大きくなる通信の一つに動画サイトの閲覧があります。動画の閲覧には非常に多くのコネクションが必要になるため、多くのユーザが同時に動画サイトを閲覧するとルータの負荷が高くなり、Webアクセスのレスポンスが急激に悪くなることもあります。

動画サイトへの閲覧を制限することで、Webアクセスのレスポンスが改善される場合があります。

それでは、「URLフィルタ(その3)」で行った設定に変更を加えてゆきます。

ネットワークの構成は、下図の通りです。


まず、既に作成済みのURLフィルタを削除します。

# no url filter 1 pass www.yahoo.co.jp
# no url filter 2 reject yahoo
# no url filter 3 pass *
# no url lan1 filter in 2 1 3

動画サイトのURLフィルタを作成します。

URLに「.video」「video.」を含む動画サイトのフィルタは、下のように定義します。

※「.video」「video.」の文字列が含まれるサイトの皆様、すみません。悪意はありません。

# url filter 1 reject .video *
# url filter 2 reject video. *
# url filter 3 pass *
# url lan1 filter in 1 2 3

URLに「.video」「video.」が含まれるサイトにアクセスします。アクセスできないはずです。


◆URLフィルタの限界

 URLフィルタは、URLに含まれる文字列と合致するかどうかのチェックであるため、IPアドレスを指定してWebサイトへアクセスされると閲覧できてしまいます。

 しかし、IPアドレスによるアクセスは、DNSにより名前解決を事前に行ってIPアドレスを調べておく必要があります。また、毎回、IPアドレスを指定してアクセスするのは、煩わしい作業です。

そのため、URLフィルタは、ある程度の効果はあります。

URLフィルタ(その3)」 ← 前項 | 次項 → 「URLフィルタ(その5)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.