YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > QoS設定例・特定のホストを優先する(その1)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆QoS設定例・特定のホストを優先する(その1)
◇スポンサードリンク

◆QoS設定例・特定のホストを優先する(その1)

ここでは、単純な優先制御を設定してゆきます。

ネットワークの構成は、下図の通りです。


PC1が通信するパケットを優先するように優先制御の設定を行います。


◆R1ルータの設定

まずは、R1ルータの基本設定を行います。

# console prompt R1
R1# ip lan1 address 192.168.1.1/24
R1# ip lan2 address 192.168.2.1/24
R1# ip route default gateway 192.168.2.2


●優先制御の設定

キュータイプを指定します。lan2に優先制御を指定します。

R1# queue lan2 type priority

 PC1(192.168.1.2)から送信されるパケットをクラス4とするフィルタを定義します。クラス4は、最高優先度で、下位クラスより優先的にパケットが処理されます。

 フィルタにマッチしないパケットは、全てデフォルトのクラス2として扱われます。デフォルトのクラスは、「queue interface default class」コマンドで変更することができます。

R1# queue class filter 1 4 ip 192.168.1.2 * * * *

lan2インタフェースに、フィルタを適用します。

R1# queue lan2 class filter list 1

設定を保存します。

R1# save

この続きは、次の「QoS設定例・特定のホストを優先する(その2)」で行ってゆきます。

QoSを設定するコマンド(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「QoS設定例・特定のホストを優先する(その2)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.