YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > QoS設定例・特定のポートを優先する
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆QoS設定例・特定のポートを優先する
◇スポンサードリンク

◆QoS設定例・特定のポートを優先する

 ここでは、特定のプロトコルと特定のポート(アプリケーション)を優先させる優先制御の設定例を紹介します。

ネットワークの構成は、下図の通りです。


TELNETとICMPの通信が優先されるように優先制御の設定を行います。

●R1ルータの設定

まずは、R1ルータの基本設定を行います。

# console prompt R1
R1# ip lan1 address 192.168.1.1/24
R1# ip lan2 address 192.168.2.1/24
R1# ip route default gateway 192.168.2.2

キュータイプを指定します。lan2に優先制御を指定します。

R1# queue lan2 type priority

プロトコルにICMPを指定し、優先度4とするフィルタを作成します。

R1# queue class filter 1 4 ip * * icmp

 TELNETを優先度4とするフィルタを作成します。ここでは、双方向にTELNETサーバがあることを想定しています。

R1# queue class filter 2 4 ip * * tcp telnet *
R1# queue class filter 3 4 ip * * tcp * telnet

 WWWを優先度4とするフィルタを作成します。ここでは、双方向にWWWサーバがあることを想定しています。

R1# queue class filter 4 3 ip * * tcp www *
R1# queue class filter 5 3 ip * * tcp * www

 定義したフィルタをLAN2インタフェースに適用します。フィルタにマッチしないパケットは、全てデフォルトのクラス2として扱われます。

R1# queue lan2 class filter list 1 2 3 4 5

●R2ルータの設定

R2ルータの基本設定を行います。

# console prompt R2
R2# ip lan1 address 192.168.3.1/24
R2# ip lan2 address 192.168.2.2/24
R2# ip route default gateway 192.168.2.1

キュータイプを指定します。lan2に優先制御を指定します。

R1# queue lan2 type priority

プロトコルにICMPを指定し、優先度4とするフィルタを作成します。

R2# queue class filter 1 4 ip * * icmp

 TELNETを優先度4とするフィルタを作成します。ここでは、双方向にTELNETサーバがあることを想定しています。

R2# queue class filter 2 4 ip * * tcp telnet *
R2# queue class filter 3 4 ip * * tcp * telnet

WWWを優先度4とするフィルタを作成します。ここでは、双方向にWWWサーバがあることを想定しています。

R2# queue class filter 4 3 ip * * tcp www *
R2# queue class filter 5 3 ip * * tcp * www

 定義したフィルタをLAN2インタフェースに適用します。フィルタにマッチしないパケットは、全てデフォルトのクラス2として扱われます。

R2# queue lan2 class filter list 1 2 3 4 5

QoS設定例・特定のホストを優先する(その2)」 ← 前項 | 次項 → 「QoS設定例・特定のホストに帯域を確保する



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.