YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > QoS設定例・PPPoE回線使用時の優先制御
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆QoS設定例・PPPoE回線使用時の優先制御
◇スポンサードリンク

◆QoS設定例・PPPoE回線使用時の優先制御

 ここでは、PPPoE回線使用時における優先制御の設定例を紹介します。具体的にはFTPやWWW通信が回線帯域を占有してしまい、リモート保守を行うためのTELNET通信の操作性を損なうことがないように優先制御を行ってゆきます。

ネットワークの構成は、下図の通りです。


まず、PPPoEとNATの設定を行います。

# console prompt R1
R1# ip route default gateway pp 1
R1# ip lan1 address 192.168.1.1/24
R1# pp select 1
R1pp1# pppoe use lan2
R1pp1# pp auth accept pap chap
R1pp1# pp auth myname (PPPoE接続ID) (PPPoE接続パスワード)
R1pp1# ppp lcp mru on 1454
R1pp1# ppp ipcp ipaddress on
R1pp1# ppp ipcp msext on
R1pp1# ppp ccp type none
R1pp1# ip pp mtu 1454
R1pp1# ip pp nat descriptor 1
R1pp1# pp enable 1
R1pp1# nat descriptor type 1 masquerade
R1pp1# dns server pp 1
R1pp1# dns private address spoof on
R1pp1# pp select none


◆優先制御の設定

キュータイプを指定します。lan2に優先制御を指定します。

R1# queue lan2 type priority

LAN2に回線速度を指定します。この値を元に帯域が計算されます。

R1# speed lan2 100m

優先度を下記のように定義します。

TELNET > WWW > 指定以外の通信 > FTP

 クラス番号が大きいキューに割り当てられたパケットが優先されます。フィルタに該当しないパケットはデフォルトのクラスであるクラス2のキューに入ります。

R1# queue class filter 1 4 ip * * tcp telnet *
R1# queue class filter 2 4 ip * * tcp * telnet
R1# queue class filter 3 3 ip * * tcp www *
R1# queue class filter 4 3 ip * * tcp * www
R1# queue class filter 5 1 ip * * tcp ftp *
R1# queue class filter 6 1 ip * * tcp * ftp

フィルタppインタフェースに適用します。
R1# pp select 1
R1pp1# queue pp class filter list 1 2 3 4 5 6
R1pp1# pp select none

QoS設定例・特定のプロトコルに帯域を確保する」 ← 前項 | 次項 → 「QoS設定例・PPPoE回線使用時の帯域制御



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.