YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > Proxy ARPを設定するコマンド
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆Proxy ARPを設定するコマンド
◇スポンサードリンク

◆Proxy ARPを設定するコマンド

ここでは、Proxy ARPを設定するコマンドを紹介します。


◆代理ARPの設定

#ip interface proxyarp proxyarp
#ip interface proxyarp vrrp vrid

【設定値及び初期値】

●interface
設定値: LAN インタフェース名

●proxyarp
設定値 :
設定値 説明
on 代理ARPを動作する。
off 代理ARPを動作しない。
初期値: off

●vrid
設定値: VRRPグループID (1..255)

【説明】
 代理ARPを動作させるか否か設定します。「on」を設定した時には、代理ARPの動作を行います。この時利用するMACアドレスは、LANインタフェースの実MACアドレスとなります。

 第2書式を設定した時には、指定したVRIDでのVRRPの状態がマスターである場合のみ代理ARPの動作を行います。その際、利用するMACアドレスは指定されたVRIDの仮想MACアドレスとなります。

Proxy ARPとは」 ← 前項 | 次項 → 「Proxy ARPの設定例1(その1)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.