YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > VRRPとは(その1)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆VRRPとは(その1)
◇スポンサードリンク

◆VRRPとは(その1)

 VRRPとは、「Virtual Router Redundancy Protocol」の略で、ネットワーク上でルータの冗長化をサポートするプロトコルです。

 仮想ルータ冗長プロトコルとも呼ばれ、同一サブネット内のデフォルトゲートウェイを可用生を高め冗長化することができます。RFC3768で定義され、ルータやレイヤ3スイッチなどでサポートされています。

まず、VRRPを使用しないネットワーク構成を見てゆきます。

下の図のようにRouterAに障害が発生した場合、セグメントAに所属するPCは、この障害を回避できません。


 デフォルトゲートウェイを失うと、そのデフォルトゲートウェイに接続しているセグメント上の機器は通信できなくなります。

このような障害を回避するための対策として、次のような対策があります。

・ダイナミックルーティングで迂回する方法
・VRRPを使う方法
・HSRP ※Cisco独自

ここでは、VRRPを使用した冗長化の例を説明してゆきます。

先ほどのネットワーク構成図に、ルータBを増設して、下図のようにネットワークを構成し直します。


 セグメントAに所属するPCのデフォルトゲートウェイは、通常、1つしか設定することができません。ここでは、RouterAのセグメントA側のインタフェースに割り当てられているIPアドレスをセグメントAに所属するPCのデフォルトゲートウェイします。

 しかし、図のようにRouterAのセグメントA側がダウンした時、VRRPを使用しない場合には、セグメントAに所属するPCのデフォルトゲートウェイをRouterBのセグメントB側のインタフェースに割り当てられているIPアドレスに変更しなければなりません。

 たとえ、DHCPでTCP/IPの設定を払い出しをしてる環境であったとしても、DHCPサーバの払い出しの変更が必要となり、セグメントA側のPCは、IPアドレスを再取得させなければなりません。

このままでは、自動的にデフォルトゲートウェイを変更することができません。

 ここで、2台のルータに同じIPアドレスを割り当てれば、うまくゆきそうな、感じもしますが、それは、「重複するIPアドレスが存在してはならない」というネットワークの掟を破ってしまうことになり、IPアドレスの競合が発生してしまいます。

この煩わしさを解消するのがVRRPです。この続きは「VRRPとは(その2)」で説明してゆきます。

QoS設定例・PPPoE回線使用時の帯域制御」 ← 前項 | 次項 → 「VRRPとは(その2)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.