YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > VRRPの設定(その1)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆VRRPの設定(その1)
◇スポンサードリンク

◆VRRPの設定(その1)

ここでは、VRRPを設定してゆきます。

ネットワーク構成図は、下図の通りです。


 R1ルータ、R2ルータでVRRPルータのグループを構成し、LAN1側で仮想IPアドレス「192.168.1.1/24」と仮想MACアドレスを共有します。

PC1のデフォルトゲートウェイには、この仮想IPアドレスを指定します。


◆R1ルータの設定

R1ルータの基本設定を行います。

# console prompt R1
R1# ip lan1 address 192.168.1.2/24
R1# ip lan2 address 192.168.2.2/24

 LAN1側と異なるIPアドレスを仮想ルータのIPアドレスとして設定します。R1ルータが、マスタルータとなるように優先度を200にします。

R1# ip lan1 vrrp 1 192.168.1.1 priority=200


◆R2ルータの設定

R2ルータの基本設定を行います。

# console prompt R2
R2# ip lan1 address 192.168.1.3/24
R2# ip lan2 address 192.168.2.3/24

 LAN1側と異なるIPアドレスを仮想ルータのIPアドレスとして設定します。R2ルータが、バックアップルータとなるように優先度の指定は、省略します。省略した場合は、デフォルトの100となります。

 マスタルータからのパケットを一定時間受け取らなくなると、R2ルータがマスタルータとなり、パケットの処理を引き継ぎます。

R2# ip lan1 vrrp 1 192.168.1.1


◆PCの設定

 PC1のデフォルトゲートウェイには、LAN1側の仮想ルータの仮想IPアドレス「192.168.1.1/24」を設定します。

PC2のデフォルトゲートウェイには、R1のLAN2側のIPアドレス「192.168.2.2/24」を設定します。

これで、設定は完了です。動作確認は、次の「」VRRPの設定(その2)で行ってゆきます。

VRRPを設定するコマンド」 ← 前項 | 次項 → 「VRRPの設定(その2)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.