YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 > VRRPの設定(その2)
当サイト概要学習環境の準備プライバシーポリシーリンクについてリンクの申込お問い合せ
◆スポンサードリンク

◆Amazon
◆VRRPの設定(その2)
◇スポンサードリンク

◆VRRPの設定(その2)

ここでは、「VRRPの設定(その1)」で設定したVRRPの動作確認を行ってゆきます。

ネットワーク構成図は、下図の通りです。


PC1のデフォルトゲートウェイには、仮想IPアドレス「192.168.1.1/24」を設定しています。

PC2のデフォルトゲートウェイには、R1のLAN2側のIPアドレス「192.168.2.2/24」を設定しています。

R1ルータ、R2ルータの各々で、VRRPのステータスを確認します。

●R1の「show status vrrp」の出力
R1# show status vrrp
 LAN1 ID:1  仮想IPアドレス: 192.168.1.1
  現在のマスター: 192.168.1.2 優先度: 200
      自分の状態: Master / 優先度: 200  Preempt  認証: NONE  タイマ: 1

●R2の「show status vrrp」の出力
R2# show status vrrp
 LAN1 ID:1  仮想IPアドレス: 192.168.1.1
  現在のマスター: 192.168.1.2 優先度: 200
      自分の状態: Backup / 優先度: 100  Preempt  認証: NONE  タイマ: 1

R1ルータがマスタルータ、R2ルータがバックアップルータになっていることが確認できます。

PC1からPC2へpingを行います。

C\>ping 192.168.2.10

pingは、成功します。

R2ルータのLAN1側のケーブルを抜きます。


PC1からPC2へpingを行います。

C:\>ping 192.168.2.10

pingは、もちろん、成功します。これは、pingのパケットは、マスタルータであるR1を通るからです。

今度は、R2ルータのLAN1側のケーブルを繋ぎ、R1ルータのLAN1側のケーブルを抜きます。

PC1からPC2へのpingが、R2ルータを経由して通信できるかどうかを検証します。

 LAN2側では、VRRPの設定を行っていないので、PC2側のデフォルトゲートウェイを切り替える必要があります。

PC2のデフォルトゲートウェイをR2のLAN2側のIPアドレス「192.168.2.3/24」に変更します。


PC1からPC2へpingを行います。

C:\>ping 192.168.2.10

pingは、成功します。

R2ルータのVRRPのステータスを確認します。

●R2の「show status vrrp」の出力
R2# show status vrrp
 LAN1 ID:1  仮想IPアドレス: 192.168.1.1
  現在のマスター: 192.168.1.3 優先度: 100
      自分の状態: Master / 優先度: 100  Preempt  認証: NONE  タイマ: 1

R1ルータのLAN1側のケーブルを繋ぎます。


PC1からPC2へpingを行います。

C:\>ping 192.168.2.10

pingは、成功します。

R1ルータのLAN2側のケーブルを抜きます。


PC1からPC2へpingを行います。

C:\>ping 192.168.2.10

pingは、失敗します。

 ここまでののVRRPの設定では、各ルータは、LAN1側の障害の検知してマスタルータとバックアップルータの切り替えができていますが、LAN2側の障害を検知して切り替えることができていません。

この問題に対処するために「シャットダウントリガ」という仕組みがあります。

この続きは、次の「VRRPの設定(その3)」で説明してゆきます。

VRRPの設定(その1)」 ← 前項 | 次項 → 「VRRPの設定(その3)



Copyright(c)2012〜 YAMAHAルータで学ぶネットワーク構築術 All rights reserved.